This page uses a neural machine assisted language translation

強大なクロロフィル分子

執筆者 | 11月 29, 2023 | blogs, グローライト | コメント0件

はじめに – 生産者は科学者である。

クロロフィルとは何か? 光を植物の成長に必要なエネルギーに変換する、植物にとって不可欠な元素である。 しかし、私たちの中には、舞台裏にあるすべての科学に怯えている者もいる。 そこでこの記事では、生産者や新進科学者が全体像とともに詳細を理解できるよう、この魅力的なトピックを解明する。

MK350N Premium 商品画像

図1 – Photo by Pixabay

クロロフィルの何がそんなに強大なのか?

考えてみれば、直接的にせよ間接的にせよ、私たちが口にするものはすべて植物に由来する。 私たちが口にする肉でさえも、草食動物や植物を食べる動物に由来する。 そして、光合成を誘発し、すべての食物の構成要素となる植物の成長につながるのがクロロフィルである。 つまり、クロロフィルはこの地球上の生命にとって、水以外に最も必要な分子なのかもしれない。

 

室内園芸

図2 – すべての食物は最終的に植物に由来する –Photo by Lina Kivaka (Pexels)

クロロフィル分子はどこにあるのか?

クロロフィル分子は植物の光合成プロセスの一部である。こちら). そこでは、光合成は植物> 植物細胞> 葉緑体> チラコイド> チラコイド膜で行われると述べた。

室内園芸

図3 – クロロフィルは、チラコイド膜で起こる光合成の一部である(画像をクリックすると拡大します)。

チラコイド膜には、光を受けてそれを植物の利用可能なエネルギー(ADPとNADPH)に変える工場のようなものがある。 この工場にはPSIIとPSIがあり、光を吸収するクロロフィル分子を含んでいる。

図4-チラコイド膜の光エネルギー工場

分子とは何か? ちょっとした科学。

水のことを考えれば、分子とは何かを理解するのは簡単だ。 原子」とは、基本的で普遍的な要素である。 例えば、酸素原子と水素原子がある。 酸素原子1個と水素原子2個をつなげると、H2O分子、つまり単に水になる。 二酸化炭素(CO2)は、1個の炭素原子と2個の酸素原子が結合したものである。 つまり、分子とは、原子の束がつながってユニークな物質になっただけのものなのだ。

しかし、H2Oは液体であり、CO2は気体である。 両者の特性は異なるが、それはなぜか? 原子の質量、電荷、各原子内のサブ粒子など、分子構造の特徴が本質的に異なるからだ。

つまり、クロロフィル分子は単につながった原子の束なのだ。 その分子構造が、光を吸収して光合成を引き起こすという独特の性質を決定している。

フィトクロム、PrおよびPfr分子

図6 – クロロフィル分子

フィトクロム、PrおよびPfr分子

図5 – 原子と分子

クロロフィルaとクロロフィルb

前述したように、クロロフィルの分子構造は光を吸収する能力を決定する。 しかし、ただの光の色ではない。 植物は2種類のクロロフィル、クロロフィルaとクロロフィルbに進化した。

クロロフィル-aとクロロフィル-bは、ともに工場のPSIIとPSIに存在する。 しかし、クロロフィル-bは青色光を吸収するのに優れ、クロロフィル-aは赤色 光を吸収するのに優れている。 分子構造に小さな欠片がある以外は、基本的によく似ている(図7)。 しかし、このわずかな違いが、両者の光吸収能力を変えてしまう。

図7-クロロフィルaとクロロフィルb。分子の頭部にある小さな突起によって区別される。

クロロフィルは色素分子である

前述したように、クロロフィル分子はどちらも光を吸収することができる。 クロロフィルも光を反射するが、そのほとんどはスペクトルの緑色領域である。

分子が光と相互作用する能力は、それを「色素分子」にする。 色を示すことができるほとんどの物体には、絵の具や染料のように色素分子があるが、例えば私たちの髪の色のように、天然の色素分子もある。

しかし、透明なガラスや水のように、色素分子を持たない物体もある。

吸収チャートまたは感度曲線(図8)は、クロロフィル色素分子の働きを示している。

  • クロロフィルa:430nm(青)および662nm(赤)付近にメインピークを持つ。
  • クロロフィルb:453nm(青)と642nm(オレンジ)付近にメインピークを持つ

これは緑を吸収するのではなく、反射または透過しているからである。

フィトクロムと発芽種子

図8(クロロフィル感度曲線) – image by Daniele Pugliesi CCA Share Alike 3.0

フィトクロムと発芽種子

図9 – クロロフィル、光合成に青と赤の光を使う。 キャノピーより下では、遠赤外光がより多くなり、ここでフィトクロムが活躍する。

なぜブルーライトとレッドライトなのか?

この疑問に対する答えは、進化の興味深い結果である。

ブルーライト

青い光は、視覚スペクトルの他の色よりも波長が短く、波長が短いということは、より多くのエネルギーを含んでいるということである。 植物はこの高エネルギーを利用するように進化してきた。

太陽に直接面している葉は、その表面にフルスペクトル(図10)の色が降り注ぐ。 しかし、太陽に面していなくても、広大な青空に面している葉は、その青い光を利用する(図11)。 これは間接日光と呼ばれるもので、多くの観葉植物はこれで十分だ。

レッド・ライト

赤信号は? 図8から、クロロフィルaが光合成に利用可能なスペクトルの範囲を広げていることがわかる。

遠赤外光

上記の戦略は、植物が光エネルギー収穫を最適化するために用いる進化的な方法である。 密生したキャノピーの下でも、青や赤の光は透過するため、光合成は行われる。 しかし、葉の下に最も多く存在する光のスペクトルは、700nm以上の遠赤色である(図12参照)。 そこでフィトクロムが登場し、遠赤エネルギーを吸収してクロロフィルの生成を増やし、茎の成長を促す。 (フィトクロムと光形態形成を参照)。

 

図10 – 直射日光下での色のフルスペクトル – 植物はクロロフィルaとクロロフィルbの両方を使う。

図11-太陽に背を向けた葉の青空のスペクトル(間接日光)-クロルフィルbはまだ青色光を採用できる。

図12-光合成が困難なキャノピー下のスペクトル、ただし700nm以上はフィトクロムが救済する遠赤。

クロロフィルと生命のサイクル

クロロフィルは、植物が成長し、すべての生命を維持する食品や派生食品になるのを助ける光合成を開始します。 このような生活から、窒素を多く含む肥料(排泄物)が生まれ、農地でそのプロセスが再び始まる。 光合成はまた、息苦しくなる二酸化炭素をリサイクルし、私たちが呼吸する貴重な酸素を作り出す。

それは持続可能な生態系の典型的なモデルであり、すべてはクロロフィルから始まる。

この記事では、科学者の卵になりたい生産者のために、クロロフィルについて何を、どこで、どのように説明した。 私たちは、この強大な分子について啓蒙し、あるいはいくつかの空白を埋め、結局のところ科学はそれほど悪いものではないのだと納得していただけたなら幸いである。

図13 – 写真:Joshua J. Cotten on Unsplash

PG200NスペクトルPARメーター

スペクトルPAR測定により、農家や研究者は、生産物の品質、時期、量を向上させるために色パラメーターを微調整する際に、専門家による照明の利点を活用できる。

PG200NスペクトルPARメーター

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ハンドブックシリーズ

フリッカーハンドブック

病院、オフィス、図書館などの公共の場所の視覚的安全に影響を与える、潜在的に深刻な照明アーティファクトであるフリッカーについて知っておくべきすべてのこと...

▸入手!

UPRtekについて

ユナイテッドパワーリサーチアンドテクノロジー

UPRtek(est。2010)は、ポータブルで高精度の光測定器のメーカーです。ハンドヘルド分光計、PARメーター、分光放射計、光校正ソリューション。

UPRtek HQ、R&D、製造はすべて台湾を拠点としており、認定されたグローバルリセラー

▸続きを読む

お知らせ

LEDまたは蛍光灯を使用する医療現場

GPEC 温室園芸・植物工場展示会/会議

GPECは、温室園芸と植物工場における最新の進歩と技術に焦点を当てた国際的な主要展示会である。 この度、弊社のビジネスパートナーであるARIANETECH PTE LTDが日本で開催されるGPEC 2024に参加することになりました。 同社は展示会にブースを構え、ハンドヘルド分光PARメーターPG200Nを展示する。 この展示会に参加される海外のお客様には、ぜひブースH-07にお越しいただき、当社の革新的なPG200Nをご覧いただきたいと思います。

▸ www.arianetech-sg.com

カテゴリー